茶屋町

「菜の花や月は東に日は西に」
かつて菜の花畑が広がっていたという茶屋町エリアは、その都度の都市開発によりその姿を変貌させてきました。
宝塚歌劇団の自主公園やミュージカル公演を開催する「梅田芸術劇場」には、公演毎にファンが列を作り、その前のゲームセンターにはゲームファンが足を運ぶ。そんな懐かしい雰囲気を残しつつ、2005年の再開発により「NU茶屋町」「MARUZEN&ジュンク堂書店」が建設されました。若者向けの最新ファッションや、洗練された文具やライフスタイル雑貨。そのバラエティー豊かな装いは、年代を問わず楽しめる梅田の新しい顔となりつつあります。
「デパートほど気取らない洗練された雰囲気」そんな言葉がぴったりの茶屋町エリア。気取らないあなたにぴったりのお土産が見つかるかもしれませんよ。